カテゴリー別アーカイブ: 起業

20代で会社を興した経験談

私は、23の時に自分の会社を起業しました。それまではアルバイトのみの社会経験でしたが、自分が起業して経営者になるんだという強い思いを持ってアルバイトの給料の半分は貯金に回していました。どういった会社を作りたいのかという内容よりも起業するという強い思いだけで精一杯頑張ってきました。23歳になって自己資金が目標額に達成してからは、何から始めたらいいのかさえ分からない状況でしたが、司法書士事務所に通い詰め1人だけの会社を立ち上げました。機会の損失という言葉が昔から心にあり、思い立ったら計画を立て行動するという姿勢だけは持ち続けてきました。始めた頃は何のノウハウもなく資格もないため、知人のつながりでできることは何でも請け負うというような何でも屋として活動していました。それから自然と付き合いの輪も広がるようになっていったためコンサルティング会社として周知されるようになりました。今では従業員も雇うことができるようになり安定して会社の運営をすることができるようになりました。私の場合、始めは1人でやっていたので固定費なども極力抑えることができ自己資金内での活動ができたという幸運な面もあり資金面で大きなつまづきにあったことはありません。20代で起業してよかったと思うのは何も知らない時期に怖いもの知らずでどこでも飛び込んで吸収することのできる強みがありました。これから起業を考えている方には是非とも早い段階で計画を立てて高度に移してもらえればと思います。